お知らせ

ほろ酔い講座 第17回 「所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」

MOA美術館 × 石和酒店 コラボ企画第17弾!
今回のテーマは「所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」
〜リニューアル1周年、新たな切り口で「紅白梅図屏風」を楽しむ〜

MOA美術館での展覧会、
所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」
2018.01.26|金| – 2018.03.13|火|
に合わせて開催いたします。

ほろ酔い講座で予習?復習?あなたはどちらを選びますか
壮大なリニューアルを終え1年が経とうとしております。
MOA美術館といえば光琳、そして「紅白梅図屏風」こちらのテーマを
今まで、いろいろな切り口で皆様に楽しんでいただきました。
梅の花が咲き熱海にまた、光琳の梅に出会える季節がやってきました。
今回は、茶道、書道とワークショップを開催してきたので、華道、をテーマに
「梅を見る」、と「技法」に焦点を当て「梅を粋に生け、墨絵を書く」を開催したいと思います。
当たらな視点から名品を鑑賞してみませんか?
今回のお酒は梅酒2種と今話題のノンアルコールの甘酒で新しい年のスタートを楽しんで
いただきたいと思います。
「紅白梅図屏風」で注目したい技法のデモンストレーション
ほろ酔い講師 泉山先生による「たらし込み」技法のデモンストレーションを行います。

【詳細】
日時: 2018年 2月18日 (日) 18:00~20:30(受付17:30)
会場: マルヤテラス
会費: 2,000円(テーマのお酒試飲程度、和菓子、ワークショップ)
お子様は参加費の代わりに1ドリンク注文
定員: 15名

ご予約は、facebookページに参加表明
もしくは、guest house MARUYA(0557−82−0389) にお電話下さい
【講師、おつまみ提供】
ほろ酔い講師:泉山(MOA美術館)
お酒コーディネーター:石和(石和酒店)
おつまみ協力:マルヤテラス

2018年1月15日
予約するトップへ